子育てママでも正社員で転職・復職!ワーキングママのキャリアづくりナビ

働くママ、転職活動はじめます

転職活動にかける期間は?

更新日:

転職期間の目安、あるいは自分が転職にどのぐらいの期間を充てられるのかをイメージしておきましょう。

転職活動をしている間は、少なからず旦那さんや周囲のサポートを必要とするからです。

期間が分かっていれば、その間の家事や子育て、仕事の都合をどうつけるか、ということも決められますね。

転職期間の目安は?

転職は、出来るだけ短期決戦で決めてしまうことを強くすすめたいです。

その目安は2-3ヵ月。この期間に5-10社ほどに応募する例が多いようです。1次、2次、最終面接とこなし、内定を勝ち取るまでの期間を含めてこのぐらい。その後、現職場での退職準備や引継ぎ、有給消化などを行います。

ただこれは個人差があります。
応募先を探し続けたり、面接スケジュール調整が難しいと、転職期間は長期化します。人によっては1か月で決める人もいますし、半年以上続けてしまう場合もあります。

注意したいのは、転職活動に長時間かけると本人のモチベーション低下につながる点。転職活動が長期化すると惰性化してしまい、転職自体を諦める気持ちも沸いてきます。それで気持ちの切り替えが出来ればいいですが、そのままでは現職への不満も解決されるわけではありません。どっちつかずの中途半端な状態で時間の無駄です。もう一度自己分析から始めるべきです。

さらに、ワーキングママが転職するときに意識してほしいのは、「応募、面接、内定」といった、実際に企業とやり取りする期間がどのくらいかということ。家事や育児の時間に影響するからです。

ちなみに調査や自己分析などは、自分のペースで出来ます。時間を掛けることも短縮することも可能。

 

私の場合、応募から内定まで3か月。
その前の転職エージェントとのキャリアカウンセリングを受けてからだともっと長くなります。
ついでにいうと、自己分析、求人サイトから応募してたくさん落ちた期間も含めるともっともっと長くなります…。
(これは転職期間に含まれるのか…?)

どのぐらいの期間を要するかは人それぞれですし、私の場合ももっと短くも長くも出来たと思います。
私のケースがどうであれ、あなたの転職のスケジュール感は事前に持っておきましょう。
影響がありそうな人にはしっかりと情報共有しておくことで、協力も得やすくなりますよ!

-知っておきたい転職の基礎知識

Copyright© 働くママ、転職活動はじめます , 2017 All Rights Reserved.