子育てしながら働く30代ママだって、正社員で転職できる!やりがいを求めるワーキングママの仕事探し

働くママ、転職活動はじめます

なりたい自分・理想の将来のイメージを持つ

投稿日:2016年9月22日 更新日:

自己分析は、転職活動の第一歩です。

その自己分析で考えることの一つが、
「なぜ転職をしたいのか」
です。

なぜ転職をしたいのか、どんな仕事をしたいのか、そしてどんな生活をしたいのか。

自分自身を見つめなおして思考を整理するところから、転職活動は始まります。

理想の自分、理想の生活は?

独身時代と違って、家庭も子どもも持つママは「理想の自分」を考える余裕がないかもしれません。
余裕がないどころか、理想の自分を求めることを自然と諦めてしまっているママさえいます。
子育て、家庭、仕事の全てを両立させようとする使命感から、「自分がやりたいこと」は我慢するのが当然と思っているのです。

しかし、せっかく転職をするなら、ここをじっくり考えてもらいたいものです。

子育てワーキングママだって、やりたいことを仕事に選んでもいいのです。
子育てに手がかかるのは今のうち。長い目で見れば、いつか子どもは独立していきます。また自分を中心にした人生になるのです。
その時に、あなた自身が充実した生活を送っているためには、今からその理想に近づくための準備をしておいた方がいいのです。

転職によってどのようなライフスタイルや自分の変化を望んでいるのか。
お給料が上がる、やりがいが持てる、子どもとの時間を持ちやすくなる、将来やりたいことに向けてスキルを身に付けられる…

転職によっていちばん手に入れたいことが何なのか、自分に問いかけてみましょう。

自分の理想の姿を知る方法

自分のことなのに、何が理想なのか分からない、どうやって考えたらいいか分からないというあなたへ。

私が実践した方法を紹介します。
これは以前、知り合いの方から聞いた瞑想のやり方を簡略化して実行したものです。

瞑想と聞くと怪しい感じがしますが、頭の中を整理したり、潜在意識に問いかけるのに有効だなと、やってみて感じています。
朝や夜の短い時間で出来ますので、やってみてくださいね。

  1. 静かな場所を探して、姿勢を正してリラックスして座る
  2. 軽く目をつぶる。おへそに意識を持っていくと集中できる
  3. 「今欲しいものはなに?」と自分に問いかける
  4. 物や単語や文字、イメージがぱっと浮かぶ
  5. もう一度「今欲しいものはなに?」と聞く
  6. また何かがぱっと浮かぶ
  7. 次に「本当にやりたいことはなに?」と聞く
  8. また何かがぱっと浮かぶ
  9. 目を開ける

ここまで3-5分です。
4,6,8でぱっと浮かんだものが自分の中の潜在意識、忘れていた理想の姿や生活を知るヒントになると思います。
目を開けた瞬間、頭がすっきりしたり、考えが整理されていると感じることもあります。

私はこれを朝起きた時に実行して1か月(よくサボったので実質半月)、自分がやりたい仕事や手に入れたい生活スタイルを明確に持つことが出来ました。

思い浮かぶイメージに正解はありません。自分と向き合い自分を知るヒントを得る方法として、とても簡単で有効だと感じています。

-ママがするべき準備と転職のコツ

Copyright© 働くママ、転職活動はじめます , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.